墨田区 押上の内科、小児科、血液内科ならあづま内科小児科|小児科

小児科について

地域のお子さまの「かかりつけ医」です

こどもは、季節の変わり目や気温の変化などのちょっとしたことで、体調を崩すことがあります。様子が変わり、慌ててしまうこともあるでしょう。しかも、こどもは、症状をうまく周囲の大人に伝えることができません。
そのような時は、お気軽にご相談ください。
地域のお子さまの「かかりつけ医」として、やさしく丁寧に診療いたします。また、健康上の不安、予防接種、育児などについても遠慮無く、ご相談ください。

※初診の際は、健康保険証や母子健康手帳をご持参ください。現在服用中の薬がある場合は、それもお知らせください。

※詳しい検査や入院が必要な場合は、周辺の地域連携病院へ、また、耳鼻咽喉科や眼科、外科等にかかわる疾患が疑われる場合は、それぞれの専門医をご紹介いたします。

こどもによく見られる症状

下記のような体調不良や病気、違和感について幅広く診療いたします。

  • 発熱
  • せき、鼻水、鼻づまり
  • ぜーぜーする
  • のどの痛み
  • ひきつけ
  • 腹痛、おう吐、下痢
  • 便秘
  • ブツブツが出た
  • 肌がカサカサしている
  • 泣き方がいつもと違う
  • なんとなく元気が無い
  • 顔色が悪い
  • 食欲が無い
  • 機嫌が悪い
  • おねしょ など

こどもによく見られる症状

下記のような体調不良や病気、違和感について幅広く診療いたします。

発熱

生後3ヶ月未満の赤ちゃんが発熱した場合は、重い細菌感染症である可能性が高いので、速やかに受診してください。また、熱以外の症状にも気を配って、おしっこが出ない、嘔吐や下痢、顔色が悪い、ぐったりしている、意識がはっきりしない、けいれん、発疹などがみられる場合は、早めに医療機関を受診してください。なお、子どもで問題となる発熱とは、38℃以上のことを指します。

腹痛

腹痛の原因は風邪、感染性胃腸炎、便秘などが多いのですが、消化器以外にも、肺炎などの呼吸器疾患、腎尿路の疾患、食物アレルギーなど、様々な原因から腹痛を訴えることがあります。腹痛を起こす病気には緊急を要するものがありますので、早めに受診してください

嘔吐

小さなこどもは、咳などのちょっとした刺激によって、よく嘔吐をします。ただし、発熱、下痢をしている、腹痛がある、繰り返し吐く、ぐったりしている、といった場合は、胃腸などの病気による嘔吐の可能性がありますので、早めに受診してください。

下痢

乳児はおなかの状態が不安定なので、よく下痢をすることがあります。ただし、何回も下痢をして、ぐったりとして元気が無いような場合は脱水になっている可能性がありますので、早めにご相談ください。

泣き方がいつもと違う

赤ちゃんは「泣くこと」が唯一の意思表示の手段です。いつもと泣き方が違うような時や泣き声が弱々しいときは、病気の可能性がありますので受診するようにしましょう。

呼吸が苦しそう

お子さまが息苦しそうにしているときは、鼻がつまっていたり、気管支炎や喘息によることが多いです。その場合は、鼻汁の吸引や吸入などの処置が必要になることがあります。ただ、突然息苦しくなった場合は気管内に異物(ナッツ、ボタン、ボタン電池、硬貨、玩具など)が入ってしまった可能性があります。救急処置が必要ですので、すぐに救急車を呼びましょう。

クリニック概要

外観

あづま内科小児科

〒130-0002 東京都墨田区業平5−11−3 押上スカイビューテラス1階
電話番号:03-5637-7824
診療科目:内科、小児科、血液内科
最寄駅:押上駅徒歩3分

診療時間
診療時間 日・祝
09:00~12:00
09:00~12:00
13:30~15:00
13:30~15:00 健・予 健・予 健・予 健・予 健・予 健・予
15:00~18:00
15:00~18:00
  • 休診日:日曜、祝日
  • 健:健康診断・乳幼児健診
  • 予:予防接種

地図をクリックすると拡大縮小できます。